文教公安委員会9月質疑

2013年09月18日

キャリア教育の推進について

背景
子供たちの社会的・職業的自立に向け、チャレンジ精神あふれる人間として育つよう、その基盤となる資質、能力、態度を培うためにキャリア教育の推進が重要である。

熊谷
キャリア教育を推進していく上で、県教育委員会では課題をどのように捉え、今後どのように対応しながら取り組みを進めていくのか伺いたい。

学校教育課長
キャリア教育を推進する上での課題として、1.職員間でキャリア教育に対する共通認識を持つこと。2.発達段階に応じた指導を継続的に行うこと。3.職場体験等を行う際に協力してくれる事業所を確保すること。などがあげられる。
これらの課題に対し、教職員を対象とした研修の充実、各学年間の連携を図り、指針及びキャリアノートの継続的な活用を推進していく。
また、関係部局や関係機関と連携を深めることで、事業所の確保や協力体制の強化に努め、より効果的な職場体験活動・インターンシップ等の実施に向け、各校の取り組みを積極的に支援していく。

一覧に戻る

ページの先頭へ